中絶手術あんしん完全ガイド【東京編】

安心して中絶手術をお任せできる都内のクリニック教えます

  • 知っておきたい中絶手術の気になる5つのこと
  • 中絶手術が受けられるクリニック選び【東京】
  • 中絶を繰り返さないために~低用量ピルと緊急避妊薬の話
  • 中絶手術ができる東京のクリニック厳選5院

赤枝六本木診療所

赤枝六本木診療所は、婦人科が中心ですがトランスジェンダー外来もある診療所。敷居が高い産科婦人科の壁を少しでも低くしたいと、あらゆるボランティア活動を行っている院長先生や日帰りで対応している中絶手術の料金などもあわせてご紹介しています。

赤枝六本木診療所の中絶手術について

赤枝六本木診療所は妊娠21週目まで日帰り中絶手術に対応している珍しい診療所です。妊娠17週目までは全水麻酔を用いた吸引法で中絶を行い、18週目以降は分娩形式の中絶を行っています。

病室は完全個室となっており、術後は6時間から8時間ゆっくりと休養をとってから帰宅できます。

手術費用は、7週目までなら14万円、8週目から9週目までなら16万円、10週目から11週目までなら18万円です。また、12週以降の中絶手術の費用には、胎児の葬儀・供養の費用も含まれます。12週目から13週目の中絶は計41万5,000円、14週目から15週目の中絶は43万5,000円、16週目から17週目の中絶は51万5,000円、18週目から19週目の中絶は56万5,000円、20週目から21週目の中絶は59万5,000円です。11週目までの中絶手術の場合も、希望があれば浅草の由緒あるお寺さんで永代供養(費用は5,000円)を行ってくれます。

赤枝六本木診療所の特徴

気軽に相談できるおおらかなクリニック

敷居が高いからと敬遠されがちな産科婦人科・婦人科の壁を少しでもなくしたいと、あらゆる活動を行っている赤枝六本木診療所。 採血後15分でエイズ検査の結果を直接知らせてくれたり、自分で取った尿を郵送するだけで、淋病やクラミジア、パピローマウィルスがわかる郵送自己検診を実施したりしています。

ほかにも、無料の街角女性健康相談室を設けたり、性感染症予防に積極的に取り組んだりしているそう。政治家としても有名な院長の赤枝先生は、ユーモアのあるとても話しやすい先生だと評判です。

赤枝六本木診療所の口コミ評判

初めて受診したのは5年前。ずっと子宮がん検診でお世話になっています。親身になって話を聞いてくれる先生で、しばらく顔を出さないでいると久しぶりに会ったときに起こられます。あと、男性は入れないから安心できるのも良いですね。(20代以下/女性)

細部まで検査して子宮体癌の0期を見つけてくれた診療所です。説明の仕方、話し方がわかりやすいので、話していて安心できますね。お気に入りの診療所なので、友人にも紹介しています。(50代以上/女性)

お医者さんって偏見が強いという先入観がありましたが、赤枝六本木診療所の先生はそんなことありませんでした。1番に困っていることをどうやって改善するか考えてくれるので、安心して相談できます。誰にも相談できないときも、ひとりで悩む必要はないと感じさせてくれた診療所です。(30~40代/女性)

特別丁寧とか優しいとかはないけれど、価値観を押しつけずにフラットに対応してくれる先生だと思います。週末診療しているのも、働く女性としては助かりますね。経験豊富な先生なので信頼していますし、これからも通い続けるつもりです。(30~40代/女性)

数年前、体調が悪くなった時に友人の紹介で行きました。駐車場は2台分ありますが、ちょっと奥まった場所にあるので停めにくいかもしれません。先生は、回りくどい説明ではなく、はっきりとわかりやすく説明してくださる方です。場合によっては怒られます。また、15分ほどで結果が出るHIV検査も受けられるそうなので、気になる人は受けてみてもいいんじゃないかと思いました。(30~40代/女性)

院長:赤枝恒雄院長

赤枝恒雄院長は、衆議院議員として政界で活躍されていた経歴があります。テレビやラジオへの出演も多く、著書もたくさんありますので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。2017年には議員を引退しましたが、子どもの貧困問題や性感染問題など、さまざまな分野に対して精力的に提言しています。若者を性感染症や望まない妊娠から守る「ガールズガード」という活動を推進したり、港区をあげてAIチェック(エイズや梅毒、淋菌やクラミジアなどの無料検診)を開始する政策を実施したのも赤枝恒雄院長です。

略歴

  • 昭和19年3月 産婦人科開業医3代目として徳島に生まれる
  • 昭和43年3月 東京医科大学卒業
  • 昭和43年4月 東京医科大学産婦人科学教室入局
  • 昭和52年10月 東京都港区に赤枝六本木診療所開業
  • 昭和52年11月 医学博士号授与される
  • 昭和57年6月 日本で初めて「水中出産」を実践、報告
  • 平成3年5月 財団法人赤枝医学研究財団設立
  • 平成6年9月 バングラデシュ、母子保健病院(ICMH)ダッカ内に赤枝桶谷乳房管理センターを設立
  • 平成11年4月 街角無料相談室開設
  • 同年10月 STAR基金設立
  • 平成14年5月 エイズ街角無料検診開始
  • 平成14年10月 ラジオ性教育番組「ガールズガード 女の子の保健室」パーソナリティー始まる(文化放送)(平成23年3月にて終了)
  • 平成16年2月 性教育ピアエデュケーター養成講座「グループ月曜日の朝」設立(平成21年3月にて終了)
  • 平成22年7月 エイズイベント「ストップエイズ突撃ナイト」の開始

資格

記載なし

赤枝六本木診療所の医院情報

診療内容 婦人科(中絶手術)・トランスジェンダー外来・ピル処方外来
診療時間 月~金 11:00~13:00/15:00~20:00
土日祝 10:00~14:00
休診日 年中無休(臨時休診あり)
住所 東京都港区元麻布3-1-30
アクセス 東京メトロ日比谷線「六本木駅」1番出口より徒歩7分
大江戸線「六本木駅」3番出口より徒歩7分
ホームページ https://akaeda.com/
問い合わせ 03-3405-1388

ページの先頭へ

【免責事項】
当HPは2014年1月の情報を基に、個人の主観を持って編集を行っています。中絶手術による安全性を保証する意図はございません。中絶手術の内容や費用に関する詳細は、各クリニックの公式HPにてご確認いただくか、直接電話にてお問い合わせください。

【中絶手術(自費診療)の費用相場について】

中絶手術あんしん完全ガイド【東京編】