中絶手術あんしん完全ガイド【東京編】

安心して中絶手術をお任せできる都内のクリニック教えます

  • 知っておきたい中絶手術の気になる5つのこと
  • 中絶手術が受けられるクリニック選び【東京】
  • 中絶を繰り返さないために~低用量ピルと緊急避妊薬の話
  • 中絶手術ができる東京のクリニック厳選5院

池袋クリニック

JR池袋駅近くの『池袋クリニック』について、クリニックの基本情報や中絶手術の詳細、患者さんの口コミなどをまとめてご紹介しています。

池袋クリニックの特徴

『池袋クリニック』は、JR池袋駅メトロポリタン口からすぐの便利な立地で、婦人科のほか内科と泌尿器科、皮膚科や美容皮膚科の診察も行っているクリニックです。

院長は男性ですがそのほかに女性医師が多く、施設もキレイで来院しやすいと評判。インターネットからも診察予約できるので、忙しい方も気軽に診察が受けられます。区の無料検診やその他の検診、低用量ピルを使ったニキビ治療なども行っています。

中絶手術について

池袋クリニックの中絶手術は、できるだけ痛みが少なく安全な方法で行っているのが特徴。痛みを伴う術前処置はせず、術中は静脈麻酔で2種類の麻酔薬を調整しながら行うので、副作用が出にくく痛みも完全にありません。

さらに、手術は子宮内膜に傷をつけにくいと言われる吸引法で行われます。手術費用の中に術後の検診費用も含まれているので安心です。

手術費用は手術日の週数によって金額が変わるので、問い合わせを。

患者さんの口コミ

堕胎手術をしていただこうと決めた病院がこちらでした。麻酔で寝ている状態で無痛で手術が終わり、出血も微量で術後も痛みがほとんどありませんでした。院長先生は男性ですが、女性の体を守ろうと懸命な方で、本当にこちらでお世話になってよかったです。

婦人科というとすぐに内診をイメージしてしまいますが、必要最低限にしてくださっている心配りを感じます。院長は比較的若い男性の先生ですが、何でも言いやすい雰囲気で安心して相談できると思います。

婦人科は初めてだったので緊張したのですが、受付の女性も優しくて緊張感がほぐれました。また、問診の時も先生が私のために時間を取ってくれていることが伝わり、ないがしろにされることなくキチンと私の声に耳を傾けてくれているのが印象出来でした。

池袋クリニック

診療内容 婦人科・泌尿器科・内科・皮膚科・美容皮膚科
診療時間 月・火・木・金9:30~12:30、14:30~18:30 土曜9:30~13:00
※平日のみWEBで診療受付(10:30~11:30、16:00~17:30)あり。
休診日 水曜・日曜・祝日
住所 東京都豊島区西池袋2-35-8
アクセス JRほか池袋駅メトロポリタン口より徒歩5分
ホームページ http://www.e-doctors-net.com/ikebukuro-clinic/

「院長紹介」

  • 村上 雄太 院長
  • 略歴
    東邦大学医学部卒業後、平成13年4月に池袋クリニック開設。
    母体保護法指定医師、日本産婦人科学会専門医。日本抗加齢医学会専門医。
    日本産婦人科学会、日本抗加齢医学会、日本産婦人科乳癌学会所属。

    池袋クリニックは前院長が創設した女性のためのクリニックで、現在は産婦人科のみならず、さまざまな悩みに対応できるクリニックとして、「ゆりかごから墓場まで」患者さんに寄り添うかかりつけ医を目指しています。
    現在の院長は前院長の息子さんで、亡くなった父上の遺志を継いで女性が安心して通えるようなクリニックづくりに努めていらっしゃいます。
    院長自ら女性の医療に関する悩みに答えてくれるシステムもあり、男性医師ではありますが、デリケートな質問や相談にも丁寧に乗ってもらえるでしょう。

6つの特徴

池袋クリニックには、特に女性に優しく通いやすい6つの特徴があります。中絶手術以外にも、女性特有の悩みに特化したシステムとなっていますので、通いやすいクリニックを探している人は参考にしてください。

  • 1.女性の為の医療相談掲示板
    池袋クリニックのサイトには、「女性のための医療相談掲示板」があり、現在は掲示板の運営を休止しておりますが、質問や相談には院長自らが回答してくれる無料の相談窓口が利用できます。

    オンラインチャットなのでやりとりがスピーディで、直接聞きにくいことも質問しやすくなっています。現在休止中の掲示板には、過去の投稿が25,000件以上も残っていますので、まずは似たような悩みがないか検索してみるといいでしょう。

    同じような悩みを持つ人がいることで共感や安心感を得ることもできますし、診察に行くべきか迷った時の参考にもなります。
  • 2.幅広い診療科目
    池袋クリニックでは、婦人科全般の診療のほかにも内科・皮膚科・泌尿器科などの診療科目があり、さまざまな体の不調を診てもらえます。

    中絶手術だけでなく、クラミジアや子宮頸がん、感染症の検査や治療にも力を入れているので、心配な人は相談してみましょう。

    複数の科目があるので、産婦人科限定だと人目が気になって通いにくいという人でも、気軽に通えるのではないでしょうか。
  • 3.安心安全の無痛中絶手術
    池袋クリニックでは、独自の麻酔法と中絶手術法により、妊娠11週までなら日帰りでまったく痛みのない無痛中絶手術が受けられます。

    母体保護法により定められた指定医師も在籍していますので、母体にかかる負担を極力減らして安全に中絶することが可能です。
  • 4.専門の医師による低用量ピル(OC)処方
    池袋クリニックにはピル外来もあり、月に約8,000シート以上の処方実績があり、ピルの飲み方や効能、副作用なども詳しく説明してもらえます。

    超低用量ピルなどの種類も豊富で、PMSや月経困難症に悩む人も継続して使いやすいよう、低価格で提供してくれています。
  • 5.土曜診療や女性医師による診察も可能
    池袋クリニックでは、土曜日も診療を行っているので、平日は仕事でなかなか来られないという人でも便利です。

    また、低用量ピル(OC)などは分院の渋谷文化村通りレディスクリニックで日曜・祝日も受け取り可能です。

    女性医師も多数在籍しているので、初めて婦人科を受診する人も安心です。
  • 6.ピル外来Web受付システムを導入
    池袋クリニックでは、ピル受け取り専用に「ピル外来」が開設されており、事前にピル外来WEB受付を済ませておけば、受付や待ち時間を減らして、すぐにピルを受け取ることができます。

    初診を受けていることが前提ですが、サイト上でピル外来WEB受付を済ませておき、2時間以内に直接ピル外来に行けば、そのままピルが受け取れるシステムです。

    ピルを受け取るためだけに診察を受けるのが面倒な方には、非常に便利なシステムと言えます。

ページの先頭へ

中絶手術あんしん完全ガイド【東京編】