中絶手術あんしん完全ガイド【東京編】

安心して中絶手術をお任せできる都内のクリニック教えます

  • 知っておきたい中絶手術の気になる5つのこと
  • 中絶手術が受けられるクリニック選び【東京】
  • 中絶を繰り返さないために~低用量ピルと緊急避妊薬の話
  • 中絶手術ができる東京のクリニック厳選5院

HOME » 中絶手術が受けられるクリニック選び【東京】 » せいこレディースクリニック銀座

せいこレディースクリニック銀座

中央区銀座にある『せいこレディースクリニック銀座』について、クリニックの基本情報や中絶手術の特徴、患者さんの口コミ情報などをまとめてご紹介しています。

医師・スタッフはすべて女性、年中無休のクリニック

銀座7丁目にある『せいこレディースクリニック銀座』は、婦人科診療に特化したクリニック。産科を設けていないので、待合室などで妊婦さんや赤ちゃんと同席することがありません。

銀座というアクセスに便利な立地や、土日や祝日、夜間も診察が受けられるということもあって、遠方からの患者さんや平日忙しいビジネスウーマンからも支持されているクリニックです。

院内では医師もスタッフもすべて女性で、患者さんの付き添いの場合でも特別な事情がない限り男性には遠慮してもらうそう。住所や本名の登録を行わずに診察が受けられるシークレットサービスも行っていて、女性へのプライバシー配慮に徹底している点も特徴のひとつです。

中絶手術について

せいこレディースクリニック銀座では、妊娠5週~10週までの人工妊娠中絶手術を行っています。

手術はすべて女性の院長が責任もって施術しており、平日はもちろん、土日や祝日も手術予約可能です。

こちらの医院のポリシーとして、来院した当日に即手術はできませんが、血液検査や感染症の検査を行い、結果に問題がなければ、検査後一週間くらいで手術を行います。

当日は点滴による静脈麻酔で、眠ったまま手術が行われ、10分ほどで終了。術後2~3時間で帰宅できます。手術法は、妊娠週数や子宮の状態を見て、ソウハ法と吸引法の両方から患者さんの状況に合わせて選択しているそう。

手術費用は18万円からで、週数や手術を受ける曜日によって金額が異なります。

患者さんの口コミ

妊娠が分かってから毎日が不安で、クリニックはどこを選べばいいのか迷っていました。そんな中こちらのクリニックを「とてもいいよ」という、以前通院していた友人の勧めを受け、ここでお世話になることを決めました。当日もすごく緊張していたのですが、そんな私を見てか先生が点滴のときに手をにぎりしめてくれ、思わず涙がこぼれてしまいました。手術も痛みを感じないまま気が付いたら終わり、ふしぎな気分でした。

受診前はとても不安でしたが、院長先生がいろいろと話を聞いてくださって、落ち着いて手術を受けることができました。看護士さんに起こされて「本当にもう終わりましたか?」と確認してしまうくらいに、当日は痛みもまったくなかったです。じつをいうと、性病なんかも気にかかることがあるので、これからもお世話になりたいと思います。

妻がこちらのホームページを見つけ、カウンセリングから手術まで一貫して院長先生が行っているということで、安心感を持ったのが受診のきっかけでした。妻も私も不安が強かったので、いくつか他のクリニックにも相談に行きましたが、一番安心できたのがこちらです。術後の経過も問題ありません。

2年前にこちらのクリニックで手術をしていただきました。先生に教えていただいた通り、手術後から低用量ピルを飲み始めました。妊娠の不安がなくなったのはもちろんですが、生理痛もほとんどなくなりました。いろいろとアドバイスをいただき、本当に感謝しています。

こちらのクリニックで手術を受けるのは2回目になります。前回は痛みもなく経過もよかったので、恥ずかしながら今回もこちらで手術してもらおうと思いました。これからは先生のアドバイスに従って、低用量ピルを始めようと思います。

せいこレディースクリニック銀座

診療内容 婦人科に特化
診療時間 平日9:30~20:00 土・日・祝日9:30~15:00 (※電話予約は毎日8:00~21:00まで受付)
休診日 なし 年中無休
住所 東京都中央区銀座7-2-4 ムサシ7ビル4階
アクセス 東京メトロ銀座線・銀座駅より徒歩2分
ホームページ http://www.seikoginza-chuzetsu.com/

院長紹介

  • 島本長青 院長
  • 略歴

    平成9年に宮崎大学医学部卒業後、宮崎大学付属病院産婦人科勤務、秋山記念病院勤務の経験を経て、平成19年にせいこレディースクリニック銀座を開院。

    資格

    医学博士・日本産婦人科学会専門医・母体保護法指定医。 日本産婦人科学会専門医は、5年以上の産婦人科研修を受けて資格審査と試験共に合格したのち、日本産婦人科学会によって認定された医師のことで、母体保護法指定医は不妊手術・人工妊娠中絶手術を実施できる資格のことです。

    これらは経験や知識、医療技術だけでなく、医師の人格や病院の設備なども考慮して認定されるものですので、女性が安心して通えるクリニックであることを証明しています。

    院長紹介

    せいこレディースクリニックの院長は、女性ならではの目線で「もしも自分が通うとしたらどんなクリニックがいいか」ということを重視してクリニックを開設されました。 現在でも婦人科に通うことに恥じらいや抵抗を感じる女性は多いので、そういった不安な気持ちをなくせるよう、すべての人が安心して相談でき、やすらげる空間のクリニックを目指しているそうです。

    手術中にアロマの香りでリラックスさせるなどの工夫、スタッフは女性のみ、男性の付き添いは外で待っていてもらうなど、クリニックに通う女性の心までケアしてくれる、真の女性のためのクリニックづくりに努めていらっしゃいます。

    シークレットサービスとは?

    せいこレディースクリニックでは、患者さんのプライバシーを守るために、シークレットサービスというシステムを取り入れています。 院内では個人情報を守るために、名前ではなく番号札で患者さんを案内していますが、さらに個人情報を厳密に守りたいという人が利用できるサービスです。

    サービス内容

    シークレットサービスは、住所や本名の登録をせずに診療を受けられるサービスです。 登録した情報はすべてIDで管理され、保険証を提示する必要もありません。

    サービスを受けられる診療内容

    シークレットサービスを受けられるのは自費診療のみで、保険適用の診療には利用できません。

    シークレットサービスを受けるメリット

    シークレットサービスは徹底的に個人情報を守るシステムで、検査した場合に検査会社に提出する書類にも名前が載ることはありません。もし第三者が受診した人の名前を騙って問い合わせをしてきた場合でも、名前から検索して受診履歴や診療内容を知られる心配もありません。

    領収書も希望の名称で出してもらえるので、一貫して個人情報が洩れることがないのです。

    さらに厳重なシークレットプレミア

    さらに、クリニック内で極力ほかの患者さんと顔を合わせたくないという人は、シークレットプレミアというサービスも受けられます。

    これは、診察待ちの時間から会計までを個室で行えるサービスで、受付を済ませた後は個室に案内されて問診表を記入するようになります。 また、医師にも顔を見られたくない場合には、マスクをしたまま診察を受けることも可能です。

    ただ、個室へたどり着くまでにほかの患者さんと会う可能性はあります。

    シークレットサービスの料金

    シークレットサービスは無料ではなく、有料で利用できるサービスです。 サービス料は10,800円、個室利用のシークレットプレミアのサービス料は32,400円になります。

    料金は1回ごとではなく、一度登録すればその後の自費診療で継続してサービスを受けられます。

    ただ、最後の受診日から1年間が有効期間となり、長期間空いてから受診する時に再びサービスを利用する場合は、あらたにサービス料が加算されます。

    シークレットサービスの利用方法

    シークレットサービスを利用するには、予約時にその旨を申し出て、窓口で予約番号を伝えてサービス開始となります。

    中絶手術を受ける際は同意書の提出が必要ですが、提出書類はほかの人から見られないように封をした状態で出し、専任の医師と看護師のみがその内容を確認することになります。

    これらの書類は、ほかのスタッフが閲覧することはありませんので安心してください。

    ページの先頭へ

    中絶手術あんしん完全ガイド【東京編】