中絶手術あんしん完全ガイド【東京編】

安心して中絶手術をお任せできる都内のクリニック教えます

  • 知っておきたい中絶手術の気になる5つのこと
  • 中絶手術が受けられるクリニック選び【東京】
  • 中絶を繰り返さないために~低用量ピルと緊急避妊薬の話
  • 中絶手術ができる東京のクリニック厳選5院

HOME » もしかして妊娠?と思ったら

もしかして妊娠?と思ったら

ここでは「妊娠するかもしれない」「妊娠しているかも」と不安になっている方や妊娠を望んでない方に向けた、対処法について解説しています。

妊娠してしまうかも?と思ったら

もし、何らかのトラブルが起こり「妊娠してしまうかもしれない」と思ったら、すぐにクリニックでカウンセリングを受けましょう。クリニックでは「アフターピル」という緊急避妊薬を処方してくれます。
アフターピルは、セックスから72時間以内であれば避妊する事が出来る薬です。この薬は、多量の混合女性ホルモン製剤を服用して着床を防いでくれます。
しかし、アフターピルを服用すると、個人差はありますが副作用として頭痛や吐き気がすることも。そのほか、不正出血などが起きることもあるようです。

パートナーとのセックスでは、女性が男性に気を遣ってしまったり、その時の気分を優先して避妊具を付けないカップルもいるようです。アフターピルは避妊が可能ですが、100%妊娠を防げるものではありません。そのため、安易な気持ちで使わないようにしましょう。

妊娠してしまったかも?と思ったら

また、セックスをしてから数日が経過し、生理日から約14日前になると受精卵が誕生、妊娠の準備に入ります。妊娠の兆候として、微量の出血や身体のだるさ・味覚や聴覚の変化、などの症状が表れてきます。

妊娠したかどうかは、妊娠検査薬で判断が可能。しかし、妊娠検査薬はあくまで目安なので、妊娠したかもと思ったらクリニックで医師と相談するようにしましょう。

もし、中絶手術を希望する場合は、妊娠してからの経過が長いと手術の際、女性の身体に負担が掛かりやすくなります。そのため、早めに処置することをオススメします。

ページの先頭へ

中絶手術あんしん完全ガイド【東京編】