中絶手術あんしん完全ガイド【東京編】

安心して中絶手術をお任せできる都内のクリニック教えます

  • 知っておきたい中絶手術の気になる5つのこと
  • 中絶手術が受けられるクリニック選び【東京】
  • 中絶を繰り返さないために~低用量ピルと緊急避妊薬の話
  • 中絶手術ができる東京のクリニック厳選5院

HOME » 知っておきたい中絶手術の気になる7つのこと » 中絶手術費用を安く抑えるには

中絶手術費用を安く抑えるには

中絶手術は保険診療外になることから、手術費用は病院やクリニックによって違いがあります。

とくに、中絶費用は妊娠初期の方が安くなります。その理由ついてまとめました。

病院やクリニックによる費用の違い

中絶手術は保険適応外となり自費診療の医療行為です。手術費用は中絶を受ける病院やクリニックによって異なります。

費用に差があるのは、病院やクリニックによって、中絶手術の方法やアフターケアに違いがあるからです。また、中絶手術には手術費用だけでなく、診察費用と術後の経過を診察する際の費用も必要になります。

中絶手術費用の平均金額

  • 妊娠初期 80,000円〜150,000円
  • 妊娠中期 200,000円〜500,000円

これらの費用はあくまでも平均金額です。実際にかかる費用は、手術前・手術後の費用は含まれていない場合もあります。具体的に知っておきたい場合には手術をする病院で、合計の金額をきちんと確認するようにしましょう。

中絶手術を受けるタイミングで手術費用は違う

中絶手術費用は80,000円から500,000円までの差があります。妊娠初期である6週から12週の場合には手術費用は8万円から15万円程度です。

妊娠初期の場合の方が費用が安くなっているのは、中絶手術が、妊娠中期の手術法と比べると少なくて済むからです。

妊娠中期と呼ばれる時期に入ると、出産と同じように陣痛を起こしての中絶手術になります。そのため費用も出産と同じ費用がかかってしまうのです。

費用をカバーできる制度を知ろう

健康保険の適応外になる中絶費用はどうしても高額になってしまう中絶手術。まとまったお金の用意が難しい場合は、クレジットカードでの支払いを受け付けてくれる病院もあります。病院やクリニックに確認してみましょう。

  • 出産育児一時金の支給

本来、出産にまつわる費用として支給されるものですが、妊娠中期の中絶に限り(妊娠周期12週を超えている場合のみ)、給付を受けられます。会社員の人は会社が加入している健康保険組合から、自営業や無職の人は、自分の住む自治体に申請することで、給付を受けられます。

  • 医療費控除

一年間に支払った医療費の合計が、10万円を超えた場合に確定申告時に所得から控除することができる制度です(所得が200万以下の場合には収入の5%)。

ただし、出産育児一時金の給付を受けた場合は、手術にかかった費用から出産育児一時金を引いた金額が10万円を超えた場合にのみ適用となります。

ページの先頭へ

中絶手術あんしん完全ガイド【東京編】