中絶手術あんしん完全ガイド【東京編】

安心して中絶手術をお任せできる都内のクリニック教えます

  • 知っておきたい中絶手術の気になる5つのこと
  • 中絶手術が受けられるクリニック選び【東京】
  • 中絶を繰り返さないために~低用量ピルと緊急避妊薬の話
  • 中絶手術ができる東京のクリニック厳選5院

HOME » 知っておきたい中絶手術の気になる7つのこと » 中絶手術を受ける時の前日の過ごし方

中絶手術を受ける時の前日の過ごし方

中絶手術が明日に迫った前日に守るべき注意事項などをまとめています。前日の過ごし方で、術後の回復も変わってくるそうです。

中絶手術の前に行われる「前処置」についても紹介しています。

中絶手術の前日に守るべきこと

飲食禁止

手術開始時間の6〜7時間前以上前からは、絶飲・絶食を守らなくてはいけません。飲食・飲酒をしてはいけないだけではなく、水も飲んではいけません。

喫煙、常備薬、小さな飴やフリスクなども全て厳禁です。基本的に夜9時以降の飲食は避けましょう

入浴は前日までに済ませておきましょう

手術後は入浴ができないため、前日にお風呂にゆっくり入っておくことをおすすめします。手術後は、翌日までシャワーも禁止です。入浴に関しては、1回目の検診が終わるまでは禁止されています。

安静に過ごしましょう

中絶手術の前日の夜は、色々と考えが巡ってしまい寝付けない場合もあると思いますが、手術は女性の身体に負担をかけるものです。

翌日の手術に備えて、前日は早めに布団に入って身体を休めましょう。

禁止事項のまとめ

手術前日の夜9時以降は、

  • 絶食絶飲
  • 水も飴も常備薬も厳禁
  • 喫煙も厳禁
  • 安静に過ごす

夜9時前ならいいだろうと、その9時の前であっても手術前日の暴飲暴食は避けましょう。

もし、暴飲暴食のせいで麻酔が思う様に効かないとなると、麻酔の量を増やすこととなり、身体への負担も増やすことになってしまいます。

中絶手術の前日に行われる「前処置」とは?

中絶手術を受ける前日には、手術を行いやすく、体への負担を減らすために「前処置」が行われることがあります。

前処置では、手術の前日にラミナリアやラミセルという特殊な医療材料を挿入し、子宮口を広げて手術しやすくします。処置後、しばらくすると吐き気、めまい、貧血、腹痛が起こることもありますが、しばらくすると落ち着くので、横になって安静にしてましょう。

前処置の後は、激しい運動を避けるといったいくつかの注意点はありますが、仕事や学校に行くことはできます。

しかし、病院やクリニックによっては、この前処置を行わないという場合もあります。理由は、前日に病院やクリニックに来られない患者がいること、ごく稀にですが子宮を傷つけてしまうというトラブルを防ぐためです。

前処置を行わずに手術をする病院やクリニックもあるので、前処置を行いたくない場合は、当日のみ処置してくれるクリニックを探しましょう。

ページの先頭へ

中絶手術あんしん完全ガイド【東京編】