中絶手術あんしん完全ガイド【東京編】

安心して中絶手術をお任せできる都内のクリニック教えます

  • 知っておきたい中絶手術の気になる5つのこと
  • 中絶手術が受けられるクリニック選び【東京】
  • 中絶を繰り返さないために~低用量ピルと緊急避妊薬の話
  • 中絶手術ができる東京のクリニック厳選5院

10代の中絶について

10代の妊娠は増加傾向

日本国内での妊娠による中絶件数は年々減少傾向にあります。その一方で、20歳未満の中絶は増加の傾向をたどっています。昭和50年には全体の中絶件数の1%だった10代の中絶率は平成13年には13.6%と、年々増加傾向です。

情報が簡単に手に入れられるようになり、昔に比べ若年層の性交渉は活発化しています。とくに、最近はコロナ禍による自粛生活の影響で10代の妊娠・中絶相談が急増しているとの報告も。熊本県にある病院では2020年の4月に寄せられた相談件数のうち、「妊娠検査薬で陽性反応が出た」「生理が来ない」などといった10代の妊娠による相談が全体の11%にものぼっています。

常に避妊をしている人の割合は全体でわずか

中絶手術を行った10代の中で、避妊をしていた人の割合は全体で65%。その中でも「常に避妊をしている」という人は全体の10.5%で、残りは「時々、避妊している」との回答に。このことから、避妊に対する意識が著しく低いことがわかります。また、避妊方法はコンドームによる避妊が全体の90%を占めており、避妊法を得た知識は学校で教わった性教育が全体の80%近くにのぼっています。

ネットの普及により、さまざまなところで避妊に関する情報が得られますが、今後はパートナーと正しい知識を共有できているかが課題となります。事実、妊娠時に避妊しなかった人のアンケートでは、「相手がコンドームをつけなかった」がおよそ30%と多数を占める結果に。コンドームによる避妊方法は相手の協力なしには成功しないため、避妊したいという自分の意思を相手に伝えることが重要です。

手術を受ける周数は4~11週が大多数

10代で妊娠が発覚した場合に中絶手術を受ける人は4~7週で42%、次いで8~11週で33%となっています。12週以降の妊娠中期の中絶は7.5%となっており、分娩中絶を受けた10代もいることがわかります。

中絶を選択する背景

10代の妊娠で産む選択をした人は決して多くはないのが現状です。平成13年度の調査によると、中絶手術を受ける10代は14~19歳が多くを占めており、全体の96.8%は未婚であることがわかっています。このことからも、相手は婚姻者ではなく、互いに不本意な妊娠をしてしまったケースがほとんどであること伺えます。

10代の妊娠は当事者のほか、相手も学生であることがほとんど。そのため、育児と学業の両立は難しい・不可能だと感じ、中絶に至るケースが全体で31%を占めています。次点ではパートナーとの結婚していないことが要因として挙げられています。収入が少なく子どもを育てることができないという経済的な理由と、学業に差し支えがあることや、親の反対があったことなどが多数を占めるというのが現状です。

10代の出産・育児の支援

妊娠がわかったとき、産みたいと思った人が全体の40%で、年齢が上がるにつれてその傾向は多くなっています。予想外に妊娠したにもかかわらず、「嬉しい」「産みたい」と感じる人もいます。自分のお腹に宿った命として、母性を感じるのは10代であれ普通のこと。女性として子どもを産み育てたいという想いは否定できないものではないでしょうか。それを裏付けるかのように、妊娠出産の費用や育児への支援、相手や親の理解があれば産んでいたとの回答も多く見られました。10代という若い時期に自分の将来や、子どもの未来まで考えるのは難しいことかもしれません。ですが、むやみに中絶を選択している人だけでなく、環境が整っていれば産みたいと考えている女性が多くいることがわかります。

性教育の重要性

性教育の重要性を、当事者である10代も強く感じています。秋田県では過去に地元の医師会と連携し、医師を迎えた性教育講座を県内の中学・高校で開催しています。この取り組みでは県内すべての中高生に対し、自身にまつわる妊娠・出産、性感染症について話を聞く機会を設けているところが特徴。理想論ではなく、現状と照らし合わせた取り組みが注目されました。

10代の人工中絶が大きく増加した2000年度に取り組みをスタートした結果、2011年度には前年度の1/3まで中絶率が減少。医師による直接的な性教育により、秋田県の10代の中絶率は全国平均を下回る結果となりました。性教育により、10代の性教育が活発化するのでは?と心配する声もありますが、適切な性教育を受けた子どもは、自らが慎重な行動をとるようになるとの報告もあります。

逆に性教育をタブー視することで、親の目を盗んで外泊したり、ばれないように愛を育むことが望まない妊娠につながることも。性教育を真剣に受けることは恥ずかしいことではありません。正しい避妊の知識を得ることは、自分を守るためだけでなく、相手を尊重することにもつながります。情報過多の現在においても、今後は教育と医療の連携による正しい避妊の知識が必要とされるのではないでしょうか。同時に、性的な関心に興味のない保護者や、性に嫌悪感を抱かせるような環境にある子どもに対してのケアが今後の課題となっています。

ページの先頭へ

【免責事項】
当HPは2014年1月の情報を基に、個人の主観を持って編集を行っています。中絶手術による安全性を保証する意図はございません。中絶手術の内容や費用に関する詳細は、各クリニックの公式HPにてご確認いただくか、直接電話にてお問い合わせください。

【中絶手術(自費診療)の費用相場について】

中絶手術あんしん完全ガイド【東京編】