中絶手術あんしん完全ガイド【東京編】

安心して中絶手術をお任せできる都内のクリニック教えます

  • 知っておきたい中絶手術の気になる5つのこと
  • 中絶手術が受けられるクリニック選び【東京】
  • 中絶を繰り返さないために~低用量ピルと緊急避妊薬の話
  • 中絶手術ができる東京のクリニック厳選5院

20代の中絶について

20代の中絶手術は20代前半がピークに

日本での人工中絶件数は全体では減少傾向にあります。しかし、中絶を行った人を年齢別にみると「20~24歳」が最も多く、次いで「25~29歳」と20代の中絶件数が多数を占めています。全体での中絶件数が減っていることは、普段から自身の行動について意識する人が増えた証拠でもあります。しかしながら依然として20代の中絶件数は高い推移であることは確かです。

パートナーと話し合いが持てない人が多数

ある東京のレディースクリニックが人工中絶を行った人へアンケートを行ったところ、中絶に至った理由について「パートナーが産みたくないと言った」という理由が最も多いことがわかっています。理由としては「現在のパートナーとの育児を考えられなかった」、「仕事に差し支えがある」などが多く挙げられました。このことから、中絶を選択した今回の妊娠は、互いに「予定外の妊娠」であったことがわかります。パートナーとの避妊や妊娠について、日ごろから話し合いが持てていない人が多いようです。

安全日は本当に安全なのか

避妊をしなかった理由についての1位が「安全日だと思った」というもの。ところで、安全日とはいったいいつなのでしょうか?妊娠しづらい時期はいつだと思うのかをアンケート調査したところ「生理直前」と答えた人が38%、「生理中」が34%、「生理直後」が23%と意見が分かれる結果に。安全日だと思って避妊をせず、予定外の妊娠をしてしまった人もいるようです。

また、避妊をしなかった理由はほかにも「膣外射精をしていた」という意見がありました。注意してほしいのは、膣外射精は避妊方法ではないということ。安全日+膣外射精であれば大丈夫だろうという安易な考えを持つ人もまだまだ多くいるのが現状です。

そして注目したいのが、避妊をしない理由として「雰囲気が悪くなるから」という回答が女性にのみあったこと。この回答が女性だけあることから、コミュニケーション不足や相手主体の性交渉が日常的であったことが伺えます。

正しい知識を身に着けよう

欲しい情報があればすぐに手に入れられる便利な世の中です。ですが、なかには間違った情報があるのも事実。すべて鵜呑みにせず、なにが正しいのかを見極める癖をつけておきましょう。「周りも同じようにやっているから…」という理由では、自分も相手も傷つく結果となります。「危ない!」と思ったら、緊急避妊ピルを飲むという選択肢もあります。

それから避妊や妊娠することについて、自分の意思をパートナーにしっかり伝えることや、互いにコミュニケーションをとることを意識しましょう。望まない妊娠は、互いの関係性を壊してしまう可能性もあります。日ごろから話し合う機会を持ち、互いを尊重しあう関係を築いていくことが自分や相手を守ることにつながります。

ページの先頭へ

【免責事項】
当HPは2014年1月の情報を基に、個人の主観を持って編集を行っています。中絶手術による安全性を保証する意図はございません。中絶手術の内容や費用に関する詳細は、各クリニックの公式HPにてご確認いただくか、直接電話にてお問い合わせください。

【中絶手術(自費診療)の費用相場について】

中絶手術あんしん完全ガイド【東京編】