中絶手術あんしん完全ガイド【東京編】

安心して中絶手術をお任せできる都内のクリニック教えます

  • 知っておきたい中絶手術の気になる5つのこと
  • 中絶手術が受けられるクリニック選び【東京】
  • 中絶を繰り返さないために~低用量ピルと緊急避妊薬の話
  • 中絶手術ができる東京のクリニック厳選5院

HOME » 知っておきたい中絶手術の気になる7つのこと » 中絶する病院の選び方について

中絶する病院の選び方について

中絶方法で選ぶ

現在、日本で行える人工中絶方法は以下の3つです。

  • 掻爬法(そうはほう)
  • 電動吸引法
  • 手動真空吸引法

日本は主に「掻爬法(そうはほう)」による中絶手術を実施するクリニックが多い傾向にあります。必要となる設備の関係もあり、複数の中絶方法を導入しているクリニックはまだ少ないのが現状です。どの方法で中絶手術を行えるかは病院に依存するため、自分が希望している中絶方法を行っているクリニックか調べておく必要があります。

希望の処置のイメージが付かない場合は、中絶方法についても事前に調べて決めておきましょう。調べたあと、近くに希望通りの処置を行っているクリニックが見つかればいいのですが、遠方にしかない場合もありえます。出来る限り、複数のクリニックを調べて、通いやすく自分に合った手術方法を導入しているクリニックを探しておきましょう。

麻酔の処置を選ぶ

麻酔の処置にも種類があります。たとえば、中絶手術であれば、全身麻酔や局部麻酔、手術中の意識の有無など麻酔の効き目には種類があります。

「手術中のことはいっさい覚えていたくない」や「眠っている最中に終わらせたい」など、希望があれば麻酔について相談しておきましょう。手術に使用する麻酔の量はクリニックによって違うため、自分の希望を事前に伝えておくことが大切です。

希望する麻酔がわからない場合は、手術中に自分がどんな状態でいたいのか、具体的なイメージをしっかりと伝えるようにしてください。また、麻酔の量によって術後どのくらい休まなければならないのかも確認しておきましょう。麻酔が切れるまでは、体の自由が利きません。手術中のイメージも大事ですが、麻酔の術後や身体の状態について説明してくれるクリニックが望ましいです。

中絶に理解のある先生のもとで受ける

婦人科といっても、対応内容はクリニックによってさまざまです。出産外来と中絶手術を一緒に行っているところや、妊娠出産には対応しておらず、中絶を専門にしているクリニックもあります。

出産にも対応しているクリニックであれば、通院している妊婦さんと顔を合わせることは避けられないでしょう。出入口が分かれているクリニックや、専門を選ぶ方がおすすめといえます。中絶という選択肢を悩みの末に選んでから、さらに傷つかないように注意しておきましょう。

ページの先頭へ

【免責事項】
当HPは2014年1月の情報を基に、個人の主観を持って編集を行っています。中絶手術による安全性を保証する意図はございません。中絶手術の内容や費用に関する詳細は、各クリニックの公式HPにてご確認いただくか、直接電話にてお問い合わせください。

【中絶手術(自費診療)の費用相場について】

中絶手術あんしん完全ガイド【東京編】