中絶手術あんしん完全ガイド【東京編】

安心して中絶手術をお任せできる都内のクリニック教えます

  • 知っておきたい中絶手術の気になる5つのこと
  • 中絶手術が受けられるクリニック選び【東京】
  • 中絶を繰り返さないために~低用量ピルと緊急避妊薬の話
  • 中絶手術ができる東京のクリニック厳選5院

中期中絶手術とは

中期中絶手術は、初期中絶手術との処置が全く異なり、心身共に女性の体へのリスクが高まる手術です。免疫力が低下する術後は、感染症を防ぐ意味でも注意点が多いです。
ここでは、中期中絶手術の特徴やリスクについて紹介しています。

中期中絶手術とは?

妊娠してから12~21週の間に行われる中絶手術のことを中期中絶手術といいます。日本では法律によって妊娠22週以降の中絶手術は禁じられています。

妊娠12週未満に行われる初期中絶手術は、スプーンのような器具で胎嚢を書き出す「ソウハ法」や吸引器具で胎嚢を吸い出す「吸引法」で行われていました。妊娠12週以降は赤ちゃんが大きく成長しているため、赤ちゃんを体外に出せません。そのため、中期中絶手術では人工的に陣痛を起こし、出産と同じような方法で赤ちゃんを娩出するのです。
しかし、妊娠中期は陣痛が最も起こりにくい時期でもあります。そのため、個人差はありますが、何日も掛けて処置を行う場合もあるようです。

手術で赤ちゃんを取り出した際は、産声を上げる事もあるのだとか。しかし、赤ちゃんは体外では生きられないので、しばらくすると死んでしまいます。クリニックによっては、赤ちゃんを見せてくれる所もあるようです。

手術の流れ

中期中絶手術を行うには、2~4日間は入院する必要があります。また、手術中のピアス・ネックレス・指輪・メイク・マニキュアはNG。メガネ・コンタクトも外して行い、髪が長い場合はまとめる必要があります。
手術は、以下のような流れで行われます。

  • カウンセリング
    医師は、中期中絶手術の説明を行い、診察します。
  • ラミナリア桿の挿入
    まず、子宮口を広げるために「ラミナリア桿(かん)」という器具を子宮に挿入します。始めはラミナリア桿を約5~7本挿入し、数時間後は約10~15本に増やしていきます。ラミナリア桿の数は、赤ちゃんの大きさによって変わるようです。
  • 陣痛を起こす
    翌日、子宮口からラミナリア桿を抜きます。子宮口の開き具合をチェックし、陣痛を起こす膣錠を入れます。時間が経過すると傷みの間隔が短くなり、陣痛が起こるのです。
  • 手術
    陣痛の間隔が短くなった時に分娩台に上がります。麻酔はせず、赤ちゃんを娩出。赤ちゃんは小さいため、すぐに娩出が可能です。この時、胎盤などにある子宮内容物が出て来ない時は、掻爬を行います。

陣痛が開始してすぐ、女性がベッドやトイレで破水し、赤ちゃんが娩出される事もあるのだとか。そういった場合やそのほか何か異常を感じたら、直ぐに看護師に連絡するようにしましょう。

手術が終わると、広げた子宮口を元に戻すため子宮収縮剤を注射します。この注射には子宮出血を抑える効果もあります。

初期中絶手術と中期中絶手術の大きな違い

初期中絶手術の場合、役所への届出は不要です。
しかし、中期中絶手術の場合は「赤ちゃん」として娩出されるため「死亡届」の提出や埋葬(火葬)が義務づけられているのです。死産届や埋葬の詳細は、事前にクリニックで相談しておきましょう。

また、初期中絶手術の費用は約1~17万円なのに対し、中期中絶手術は20~30万円も掛かるのです。

中期中絶手術は、退院後に免疫力が下がるため、感染症に掛かる可能性が高まります。また、急激なホルモンの変化により、情緒不安定になることも(中絶後遺症候群(PAS))。そうならないためにも、もしも妊娠が発覚した場合は、初期の段階でクリニックへ相談にいくことをオススメします。

ページの先頭へ

中絶手術あんしん完全ガイド【東京編】