中絶手術あんしん完全ガイド【東京編】

安心して中絶手術をお任せできる都内のクリニック教えます

  • 知っておきたい中絶手術の気になる5つのこと
  • 中絶手術が受けられるクリニック選び【東京】
  • 中絶を繰り返さないために~低用量ピルと緊急避妊薬の話
  • 中絶手術ができる東京のクリニック厳選5院

中絶手術のリスク

中絶手術は、女性の体にも精神的にも大きな負担となります。

現在は中絶手術の技術は確立されていて、適切な処置を受けることができればそれほど危険が多いわけではありません。しかし、手術の性質上、何らかのトラブルが起きる可能性は、必ずしもないとは言い切れません。

そこで、中絶手術を受けるにあたって、女性の体にどのようなリスクが考えられるのか、簡単に解説してみましょう。 

初期中絶の場合のリスク

まずは、妊娠初期の6週から11週までに中絶手術を行った場合のリスクについて解説します。

手術は静脈性の全身麻酔で行うことが多いのですが、患者さんの体質やアレルギーなどの要因で、呼吸が一時的に止まってしまったり、血圧が低下したりといったトラブルがおこることがあります。これは中絶手術に限らず、全身麻酔で手術を行う場合の一般的なリスクのひとつです。

初期中絶特有のリスクとしては、子宮内を傷つけてしまうことに起因するトラブルが挙げられます。初期中絶は、子宮内に器具を入れて胎嚢を搔きだすソウハ法か、器具によって吸引する吸引法のいずれかで行われますが、それらの器具で子宮内に細かな傷をつけてしまい、まれにそこから感染症が起きてしまうことがあるそう。非常にまれなケースですが、子宮内壁に穴を開けてしまう“子宮穿孔”が起こるリスクもあります。

さらに、手術の際に子宮内の胎児の組織を取り残してしまい、術後に長期間の出血が続く“子宮内遺残”というトラブルも考えられます。

初期中絶とはいえ、女性の体にとっては大きなリスクがあるのだということを、正確に把握しておく必要がありますね。 

中期中絶の場合のリスク

妊娠12週以降の中期中絶になると、リスクはさらに高まります。

薬を投与して人工的に陣痛を起こし、分娩と同様に胎児を外に取り出しますので、特に出産経験のない方の場合は、子宮の出入り口である子宮頚管を広げる術前処置をしっかりと行います。そのため、子宮頚管を傷つけてしまったり、陣痛が強すぎて子宮破裂を起こしてしまうリスクがあると言われています。

さらに、大きくなった子宮の収縮が遅かった場合などは、通常の出産ど同様に弛緩出血と言って多量の出血が起こる場合もあります。 

中絶手術後の妊娠・出産への影響は?

中絶手術を受けた経験があるからといって、それだけでその後の妊娠に影響が出るわけではありません。適切な処置を受けていれば、全く問題なく妊娠や出産が可能です。

ただし、中絶手術の際に感染症などのトラブルがあった場合は、それを原因として不妊症につながることがあると言われています。さらに、何度も中絶手術を繰り返した方などは、子宮内膜が薄くなってしまい、受精卵が着床しにくくなる場合があるそう。また、初産のときに早産の確立が高まったり、分娩時の出血が増える傾向も指摘されているそうです。

将来的に妊娠や出産を望んでいるのであれば、中絶手術を繰り返してしまうことにならないよう、確実な避妊についてパートナーと一緒に考えることが肝要です。 

ページの先頭へ

中絶手術あんしん完全ガイド【東京編】