中絶手術あんしん完全ガイド【東京編】

安心して中絶手術をお任せできる都内のクリニック教えます

  • 知っておきたい中絶手術の気になる5つのこと
  • 中絶手術が受けられるクリニック選び【東京】
  • 中絶を繰り返さないために~低用量ピルと緊急避妊薬の話
  • 中絶手術ができる東京のクリニック厳選5院

中絶手術のリスク

中絶手術は、女性の体にも精神的にも大きな負担となります。

現在は中絶手術の技術は確立されていて、適切な処置を受けることができればそれほど危険が多いわけではありません。しかし、手術の性質上、何らかのトラブルが起きる可能性は、必ずしもないとは言い切れません。

そこで、中絶手術を受けるにあたって、女性の体にどのようなリスクが考えられるのか、簡単に解説してみましょう。

初期中絶の場合のリスク

まずは、妊娠初期の6週から11週までに中絶手術を行った場合のリスクについて解説します。

手術は静脈性の全身麻酔で行うことが多いのですが、患者さんの体質やアレルギーなどの要因で、呼吸が一時的に止まってしまったり、血圧が低下したりといったトラブルがおこることがあります。これは中絶手術に限らず、全身麻酔で手術を行う場合の一般的なリスクのひとつです。

初期中絶特有のリスクとしては、子宮内を傷つけてしまうことに起因するトラブルが挙げられます。初期中絶は、子宮内に器具を入れて胎嚢を搔きだすソウハ法か、器具によって吸引する吸引法のいずれかで行われますが、それらの器具で子宮内に細かな傷をつけてしまい、まれにそこから感染症が起きてしまうことがあるそう。非常にまれなケースですが、子宮内壁に穴を開けてしまう“子宮穿孔”が起こるリスクもあります。

さらに、手術の際に子宮内の胎児の組織を取り残してしまい、術後に長期間の出血が続く“子宮内遺残”というトラブルも考えられます。

初期中絶とはいえ、女性の体にとっては大きなリスクがあるのだということを、正確に把握しておく必要がありますね。

中期中絶の場合のリスク

妊娠12週以降の中期中絶になると、リスクはさらに高まります。

薬を投与して人工的に陣痛を起こし、分娩と同様に胎児を外に取り出しますので、特に出産経験のない方の場合は、子宮の出入り口である子宮頚管を広げる術前処置をしっかりと行います。そのため、子宮頚管を傷つけてしまったり、陣痛が強すぎて子宮破裂を起こしてしまうリスクがあると言われています。

さらに、大きくなった子宮の収縮が遅かった場合などは、通常の出産ど同様に弛緩出血と言って多量の出血が起こる場合もあります。

中絶手術後の妊娠・出産への影響は?

中絶手術を受けた経験があるからといって、それだけでその後の妊娠に影響が出るわけではありません。適切な処置を受けていれば、全く問題なく妊娠や出産が可能です。

ただし、中絶手術の際に感染症などのトラブルがあった場合は、それを原因として不妊症につながることがあると言われています。さらに、何度も中絶手術を繰り返した方などは、子宮内膜が薄くなってしまい、受精卵が着床しにくくなる場合があるそう。また、初産のときに早産の確立が高まったり、分娩時の出血が増える傾向も指摘されているそうです。

将来的に妊娠や出産を望んでいるのであれば、中絶手術を繰り返してしまうことにならないよう、確実な避妊についてパートナーと一緒に考えることが肝要です。

精神的ダメージのリスク

中絶手術をした女性は、さまざまな面で精神的なダメージを受けます。

多くの場合はダメージを受けても、時とともに解決していくことができるようですが、手術後しばらくはどうしても精神的ダメージは避けられません。

ここでは、中絶手術を受けた女性の精神的ダメージについて考えてみたいと思います。

命を自分の手で消してしまったという罪悪感

手術を受けた女性でもっとも多いのが、命を消してしまった、自分のお腹の中にいる子どもを殺してしまったという、罪悪感による精神的ダメージです。

産みたかったのに事情により産めなかった、という人はさらに強いダメージを受けることが多く、手術をきっかけにうつ病を発症してしまう人もいます。

反面、時間の経過とともにショックから立ち直ることができる女性も多く、1ヶ月ほどして通常通りの日常生活が送れるようになると、手術のことで涙を流すことがなくなった、という人もいるようです。

自分の意志で手術を受けることを決めた人と、自分は受けたくなかった、赤ちゃんを産みたかったけれど、パートナーや周囲の事情により手術せざるを得なかった人など、状況によって受けるダメージの深さも変わってきます。

次回妊娠したいときに妊娠できるかという不安

実際には、手術を受けることで次回以降の妊娠に悪影響を及ぼすことはほとんどないのですが、事情により今回は手術せざるを得なかった場合、次に正常な妊娠ができるかという不安にかられ、精神的にダメージを受けてしまう人もいます。

多くの病院では、手術後の経過を確認するための術後健診を設けていて、また正常に妊娠できるようにしっかり診察をしてくれますが、それでも母体に少なからず負担のかかる手術になるため、不安を感じてしまうようです。

こうした不安は、手術前のカウンセリングで医師に相談をし、不明点や不安なことについてしっかり確認しておくことで払拭できます。

辛さをパートナーと共有できないストレス、関係の悪化

手術においてのパートナーとの温度差や関係の変化などに大きなストレスを感じる人はとても多いです。

結婚をしている、していないに関わらず、実際に手術を受ける側の女性と、心配してくれているとはいえ何の負担も背負うことのない男性とでは、どうしても手術や子どもに対する気持ちや考え方が異なります。

よく相談をした上で、2人で納得して手術をすると決めたケースであっても、術後のパートナーの態度に不愉快な思いをしたり、なんとなく手術について話すことができないなど、フラストレーションを感じてしまうようです。

手術を受けた辛さや悲しみを、パートナーが理解しているのかと考えることが、パートナーとの関係自体を見直すきっかけになる女性も多く、手術をきっかけにお互いの気持ちをしっかり話し合うことができるようになり、関係が深まったカップルもいれば、逆に気持ちのすれ違いが生じて関係が悪化してしまうケースもあるようです。

手術を受けたことを隠さなければならないストレス

手術を受ける女性のほとんどが、パートナーや家族に打ち明け、相談した上で手術を受けていますが、まれに誰にも相談できず、1人で手術を受けることを決める人もいます。自分でよく考えて決めたことなので、後悔があるということではないのですが、実際に手術を受けると思いの外心身のダメージが大きく、そのダメージについて相談できる人がいない、分かち合える人がいないということがさらに大きなストレスとなってしまうことがあります。

こうした不安やストレスは、医師や看護師に話を聞いてもらうことで少なからず緩和されるので、医師や看護師は手術を受けた女性の精神ダメージを緩和する対応について深く学び、また実践する姿勢が求められます。

女性心身医学:人工妊娠中絶を決定するまでの経緯と心理的変化[PDF]

「中絶手術二回目のリスク」

中絶手術は、1度であっても女性の身体と心に大きな負担をかけてしまうものです。一度でも中絶手術を経験したことのある人は、もう二度と同じことはしたくないと思うことでしょう。

しかし、状況によっては二度三度と中絶手術をしなくてはならないこともあります。二回目以降の中絶手術にはどんなリスクが伴うのか、自分でできる予防方法とあわせて考えてみましょう。

複数回の中絶手術は不妊リスクが高まる?

中絶手術は、たとえ1度であっても子宮を傷つけてしまったり、感染症を引き起こしてしまったりする危険性があるので、後々妊娠しにくくなる可能性もあります。

それが複数回に及べば、その分子宮内膜が薄くなり、不妊となる可能性は高くなります。しかし、複数回中絶手術をしたからといって、必ずしも不妊になるというわけではありません。何度も中絶手術をした女性であっても、問題なく妊娠して出産している人も少なくないのです。

ただ、「回数を重ねれば重ねるほどリスクは高くなる」ということは承知しておいた方がいいでしょう。

たとえ不妊症にならなかったとしても、手術に伴う痛みを再び味わうことになりますし、炎症を起こすなどの身体的なトラブルに発展する可能性も上がってしまいます。

金銭的負担や精神的負担も重なる

中絶手術は基本的に費用が全額自己負担となるため、10万円~数十万円の出費が必要となります。

金銭的な理由で出産をあきらめることもありますが、その場合でも中絶費用は必要になりますので、何度も繰り返すことは大きな出費です。

また、一度でもとても大きな精神的負担となるものですので、二度目以降になるとまた同じ経験をするのかという恐怖や不安が増幅してしまいます。最初の経験は未知の恐怖ですが、二度目はどんな思いをするのか自分でわかっているので、手術を受ける前から大きな悲しみにさいなまれてしまうでしょう。

中絶後すぐに妊娠して中絶手術を繰り返してしまう

中絶手術の直後は1週間~10日間ほど出血が続くこともあります。2週間ほどすれば出血や痛みも落ち着いてきますが、この頃に排卵が始まってしまうため、すぐに性交渉をすると次の生理を待たずに妊娠してしまうことがあります。

中絶後すぐに妊娠をしてしまう人も少なからずいますが、そのタイミングで妊娠したとしても出産・子育てできる環境は整っていないので、再び中絶せざるを得なくなるでしょう。短期間に中絶手術を繰り返してしまうことになりかねないので、中絶後すぐの性交渉には特に注意が必要です。

手術に踏み切るタイミングが遅くなる

中絶後すぐに妊娠してしまうこともあるため、同じ病院にかかることに抵抗を感じたり、再び苦痛を感じることに恐怖を覚え、すぐに中絶手術に踏み切れない場合もあります。手術に踏み切るタイミングが遅くなれば、その分体にかかる負担や手術費用も高くなってしまうので、中絶後すぐの妊娠でもリスクをできるだけ低くするためには、早めに診察を受けるようにしましょう。

日本人口學會記要:わが國に於ける人工妊娠中絶の公衆衛生並びに人工學的研究[PDF]

二度目の中絶手術のリスクを減らすために

中絶直後の性交渉は避ける

中絶手術の直後は自分で生理周期を把握できず、またすぐに妊娠してしまうことがあります。こうした事態を避けるために、中絶手術直後の性交渉はなるべく避け、生理周期を把握して計画的に行うようにしましょう。

避妊は確実にしっかり行う

望まない妊娠を避けるためには避妊が不可欠です。生理周期の把握やコンドームの使用などのほかに、避妊リングやピルなども使用して、確実に避妊するようにしましょう。それには、パートナーの同意や協力も欠かせません。

手術後の検診は必ず受ける

中絶手術は手術だけ済めばそれで安心というわけではありません。身体が順調に回復しているかどうかの確認や、性交渉が可能かどうかなど医師による診察によって判断されます。

その際に、ピルの処方や避妊についての説明・相談もしてもらえるので、望まない妊娠と中絶手術を繰り返さないために、必ず受診するようにしましょう。

日本人口學會記要:わが國に於ける人工妊娠中絶の公衆衛生並びに人工學的研究[PDF]

「帝王切開後の中絶手術のリスク」

帝王切開とは

帝王切開とは、腹部と子宮を切開して赤ちゃんを取り出す分娩方法で、自然分娩による出産が母体と胎児にとってリスクが高いと医師に判断された場合に行われます。
帝王切開には、予定帝王切開と緊急帝王切開の2種類があり、逆子であることが判明した時などに、あらかじめ帝王切開を行うことを決める場合と、出産中や直前に問題が生じて急遽決める場合があります。

年々増えている帝王切開の割合

「我が国における帝王切開率の年次推移の検討」によると、1984年の病院での分娩数は68,452件のうち帝王切開が5,633件で8%、診療所では47,671件のうち帝王切開が2,895件で割合は6%と少ないものでした。
しかし、帝王切開の件数は年々増加しており、2008年の病院での分娩数47,626件のうち帝王切開は11,089件で23%、診療所では42,792件のうち帝王切開が5,553件で13%となっています。
つまり、現在ではほぼ2割程度の割合で帝王切開が実施されているということです。
分娩数自体は減少傾向にありながら、帝王切開の件数は増加していて、25年間でその割合は2倍以上にまで上がっています。
帝王切開が増えてきている背景としては、医療技術の進歩により手術の成功率が高くなったことや、高齢出産が増えて自然分娩が難しくなったこと、不妊治療を続けてできた子供を確実に出産したいという希望が多いなどの理由が挙げられます。

帝王切開のリスク

帝王切開は、自然分娩が難しい場合に取られる方法なので、出産率は高くなりますが、腹部と子宮を切開する大掛かりな手術で、母体にかかる負担や術後の合併症のリスクなどは高まります。
術後は1週間ほどの入院が必要になりますし、帝王切開の手術を行った人が子宮内膜症を発症した例や深部静脈血栓症から肺血栓塞栓症を起こす例なども報告されています。
さらに、胎児への影響や母体の腹部に大きな傷跡が残ってしまうことなどの問題もあります。
他にも、帝王切開後の子宮弛緩出血の予防や人工妊娠中絶時の子宮収縮目的によく用いられる薬が血圧を上昇させ、不整脈・心筋梗塞・肺水腫・脳梗塞などの重篤な合併症を誘発する危険性も懸念されます。

帝王切開経験者の妊娠のリスク

一度帝王切開を経験すると、次に妊娠した時も子宮破裂などのリスクを避けるために、再び帝王切開による出産を選択することになります。
分娩時でなくても、妊娠中に子宮破裂してしまう危険性があり、一度でも帝王切開を経験すると、妊娠出産におけるリスクは自然分娩よりも増えてしまいます。
また、リスクをこれ以上高めないために、帝王切開は一般的に3回までとされているので、母体の負担を軽くするためにも、妊娠出産は特に計画的に行う必要があるでしょう。

帝王切開経験者の中絶のリスク

帝王切開の回数は3回までとされているので、望まない妊娠をしてしまった時は、中絶を考える人もいるでしょう。
しかし、帝王切開を経験している場合は、中絶手術を行う場合にもリスクが伴います。
中絶手術は子宮を傷つけてしまう危険性が高いので、複数回帝王切開をしていると、中術手術を引き受けてくれないクリニックも少なくありません。
特に、帝王切開をしたばかりの時に中術手術を行うと、子宮に穴が空いてしまう危険性があります。そのため、最低でも帝王切開後から4ヶ月以上経っていないと中術手術をすることは難しくなります。
子宮に穴が空くと、腸管などにも影響が出て別の病気を引き起こしてしまうので、帝王切開の手術をした後は、通常時よりも念入りに避妊などに気を使い、望まない妊娠をしないように気を付けてほしいと思います。

【参考URL】

ページの先頭へ

中絶手術あんしん完全ガイド【東京編】