中絶手術あんしん完全ガイド【東京編】

安心して中絶手術をお任せできる都内のクリニック教えます

  • 知っておきたい中絶手術の気になる5つのこと
  • 中絶手術が受けられるクリニック選び【東京】
  • 中絶を繰り返さないために~低用量ピルと緊急避妊薬の話
  • 中絶手術ができる東京のクリニック厳選5院

術後の生理とセックス

中絶手術が終わったあと、女性の体はデリケートな状態になっています。生活の中でどんなことに気を付けたほうがいいのでしょうか? 中絶手術を繰り返さないために、術後の生理・セックスについて解説しましょう。

手術後の出血は1〜2週間続くことも

手術を受けた当日は安静に過ごし、翌日からは普通に生活してかまいませんが、激しい運動や立ち仕事は控えた方がよいでしょう。生理痛のような腹痛や腰痛が続く場合が多いようですが、痛みがひどいときはクリニックから鎮痛剤を処方してもらうことも可能です。

術後の出血は1週間から10日ほど続くことがあり、出血している間は子宮口が開いている状態であると考え、感染症を予防するという意味からも、お風呂につかることは避けた方が無難。シャワーで流すだけなら構わないようです。

1〜2週間後に出血が止まり、問題ないようなら通常の生活に戻って、入浴なども可能になります。 

術後の生理は1ヶ月〜1ヶ月半後に

手術後、2週間ほどして出血が完全に止まればセックスも可能です。

ただ、手術後だからと油断して避妊がおろそかになり、次の生理が来る前に連続妊娠して再びクリニックを訪れる患者さんが多いのも事実。手術した日を勝手に生理周期0日目と考えて計算し、間違った安全日を作り出してしまう人がいるようです。術後の生理は1ヶ月〜1ヶ月半後には来ますので、できれば自然な生理が来るまではセックスを控えた方がよいでしょう。

なお、術後2ヶ月経っても生理が来ない場合は、必ずクリニックを受診しましょう。 

術後はもう一度避妊について考える機会を

中絶手術を行っているクリニックでは、手術後の患者さんに、再びツラい経験をすることのないよう、低用量ピルなどを処方して確実に避妊する方法をアドバイスすることがあります。

中絶手術を一度経験した方は、手術を繰り返す傾向にあるとも言われているので、この経験を機に、パートナーと避妊について話し合う時間を作ることも大切ですね。 

ページの先頭へ

中絶手術あんしん完全ガイド【東京編】