中絶手術あんしん完全ガイド【東京編】

安心して中絶手術をお任せできる都内のクリニック教えます

  • 知っておきたい中絶手術の気になる5つのこと
  • 中絶手術が受けられるクリニック選び【東京】
  • 中絶を繰り返さないために~低用量ピルと緊急避妊薬の話
  • 中絶手術ができる東京のクリニック厳選5院

手術の方法

妊娠中絶手術とは、具体的にどのような処置が行われるのでしょうか。

麻酔が効いている状態で行われることとはいえ、自分の体に起きる変化やリスクなど、不安に感じることも多いでしょう。

そこで、実際にどのような施術がなされるのか、妊娠12週未満までの初期中絶の場合と、12週以降の中期中絶の場合とに分けて、手術の流れを簡単に解説します。 

初期中絶手術はソウハ法と吸引法の2種類で行われる

妊娠11週までに行われる初期中絶手術は、以下の2種類の方法のどちらかで行われます。

  • ソウハ(搔爬)法…スプーンのような器具を子宮内に入れ、胎嚢(胎児が入っている袋のようなもの)を搔きだす方法。
  • 吸引法…吸引器具を子宮内に入れ、胎嚢を吸い出す方法。

ソウハ法は子宮内を傷つける可能性があり、吸引法は器具の消毒に手間がかかり感染症の可能性がある、といった説もありましたが、どちらの方法も技術的には確立されていて、現在の日本においてはこのふたつが最も一般的な方法です。 

初期中絶手術の流れ

クリニックによっては、初診で即日手術を行うというところもあるようですが、大抵は血液検査や感染症検査などを行い、手術日の予約をとります。クリニックの方針や、患者さんの検査結果、妊娠週数などに合わせて、手術法や麻酔法などを選択します。

ソウハ法も吸引法のどちらも、手術時間は長くて10分程度。静脈麻酔をかけて行われるので痛みを感じることもなく眠っている間に手術は終わります。術後2〜3時間程度で帰宅できる場合がほとんどです。術後は生理の時のような出血、腰痛や腹痛などがあることもありますが、1週間から2週間で落ち着きます。

ただし、術前処置として、手術の前日や当日の朝に子宮の出入り口である子宮頚管を広げる器具を挿入する処置が行われることがあり、痛みを伴う場合があります。無痛手術を謳っているクリニックは、この術前処置を行わないところもありますので、不安な方は問い合わせてみるとよいでしょう。 

強制的に陣痛を起こす中期中絶

妊娠12週を過ぎると中期中絶と言われ、ほぼ分娩と同じような形で胎児を外に出す必要があります。クリニックによっては、12週以降の中期中絶は行っていないところがあるので、確認しましょう。

まず、子宮の出入り口である子宮頚管を広げる処置を行い、薬によって人工的に陣痛を起こして胎児を取り出します。陣痛が速やかに起これば手術は1日で終了しますが、なかなか来ない場合は2〜3日かかることもあるそうです。手術自体が早く終わっても、術後の子宮の戻り具合を確認するため、4〜5日の入院が必要となる場合があります。

なお、12週以降の中期中絶では、胎児の火葬や埋葬を行なったり、死産証明書を役所に提出する手続きを行わなければなりません。 

ページの先頭へ

中絶手術あんしん完全ガイド【東京編】