中絶手術あんしん完全ガイド【東京編】

安心して中絶手術をお任せできる都内のクリニック教えます

  • 知っておきたい中絶手術の気になる5つのこと
  • 中絶手術が受けられるクリニック選び【東京】
  • 中絶を繰り返さないために~低用量ピルと緊急避妊薬の話
  • 中絶手術ができる東京のクリニック厳選5院

HOME » 知っておきたい中絶手術の気になる7つのこと » 妊娠初期と中期に受ける中絶手術の方法

妊娠初期と中期に受ける中絶手術の方法

妊娠中絶手術とは、具体的にどのような処置が行われるのでしょうか。

麻酔が効いている状態で行われることとはいえ、自分の体に起きる変化やリスクなど、不安に感じることも多いでしょう。

そこで、実際にどのような施術がなされるのか、妊娠12週未満までの初期中絶の場合と、12週以降の中期中絶の場合とに分けて、手術の流れを簡単に解説します。 

初期中絶手術はソウハ法と吸引法の2種類で行われる

妊娠11週までに行われる初期中絶手術は、以下の2種類の方法のどちらかで行われます。

  • ソウハ(掻爬)法…スプーンのような器具を子宮内に入れ、胎嚢(胎児が入っている袋のようなもの)を掻きだす方法。
  • 吸引法…吸引器具を子宮内に入れ、胎嚢を吸い出す方法。

ソウハ法は子宮内を傷つける可能性があり、吸引法は器具の消毒に手間がかかり感染症の可能性がある、といった説もありましたが、どちらの方法も技術的には確立されていて、現在の日本においてはこのふたつが最も一般的な方法です。

妊娠初期の中絶手術は、ソウハ(掻爬)法と吸引法の2種類あります。どちらも、危険度の差はありませんが、吸引法は手術で使用する器械に、血や組織が付いたままになりやすく、不潔性や感染性が高くなることから、現在はソウハ(掻爬)法が主流で行われています。しかし、ソウハ(掻爬)法は、器械がシンプルで感染トラブルが起こしにくい反面、子宮が変形していたり、子宮内に筋腫があったりすると、手術に時間を要する場合があります。吸引法は、手術時間が早く済むことから、胞状奇胎など特殊な病態時に用いられることが多いようです。前述の通り、吸引法は器械を減菌しなければ、感染症を引き起こす原因をつくってしまうため、1日の手術が行える件数も2件ほどといわれています。ソウハ(掻爬)法と吸引法、最終的には、妊娠からの週数や妊婦の健康状態などを考慮しながら、どちらの手術法を行うかは医師の判断のもと、行われることになります。

初期中絶手術の受診から手術までの流れ

初診当日に手術を行なうクリニックもありますが、多くのクリニックでは、さまざまな検査後に改めて手術日の予約をとることがほとんどです。受診から手術までの流れを一緒に確認していきましょう。

初診の流れ

初診では、まずはじめにエコー検査や尿検査、内診で妊娠の状態や母体の健康をチェックします。その後、問題がなければ中絶手術を本当に行なうかどうかの意思を患者に確認。手術を受ける意思が決まれば血液検査を行ない、手術日を決定します。このときに、手術の同意書の作成や手術前日・当日について説明してもらえるので、不安や疑問があれば必ず相談しておきましょう。

初診は保険適応外。予算は余裕を持って準備

意思決定後の検査に保険は適応されないので、初診だけ受ける場合でも1~2万円の費用がかかります。余裕を持った金額を用意しておくのをお忘れなく。また、手術前日は21時以降から当日まで飲食ができません。術後当日はお風呂に入れないので、気になる方はクリニックに行く前に入浴を済ませておくといいですね。

手術当日の流れ

手術当日は指定された時間にクリニックに向かい、トイレを済ませた後に準備を行ないます。麻酔準備のための注射や点滴をしながら、手術台へ。膣の消毒をして、麻酔をします。すぐに眠ってしまうことがほとんどですが、麻酔が効いていないようであれば医師に伝えましょう。麻酔がしっかり効いていれば、「ソウハ法」もしくは「吸引法」で手術を行ないます。

ソウハ法も吸引法のどちらも、手術時間は長くて10分程度。静脈麻酔をかけて行われるので痛みを感じることもなく眠っている間に手術は終わります。術後2〜3時間程度で帰宅できる場合がほとんどです。術後は生理の時のような出血、腰痛や腹痛などがあることもありますが、1週間から2週間で落ち着きます。

ただし、術前処置として、手術の前日や当日の朝に子宮の出入り口である子宮頚管を広げる器具を挿入する処置が行われることがあり、痛みを伴う場合があります。無痛手術を謳っているクリニックは、この術前処置を行わないところもありますので、不安な方は問い合わせてみるとよいでしょう。 

初期中絶手術後の過ごし方

初期の中絶手術であれば手術時間が短くて済むため、母体への負担を抑えることができます。手術当日に帰宅も可能ですが、2~3日は絶対に安静が必要です。また、手術から一週間程度は入浴ができないのでシャワーのみになります。

動けないほどつらい症状ではなくても、手術後は体力や抵抗力が落ちているもの。クリニックで処方される子宮収縮剤や抗生剤も忘れずにしっかり飲むようにしましょう。

中絶手術に出血はつきもの…多量出血には要注意

中絶手術には必ず出血が伴います。子宮の残留物や細かい傷から出血し、期間は大体10日~2週間ほど。ただし、期間や出血量には個人差があり、なかには1ヶ月も出血が続く方も少なくありません。タイミングもさまざまで、術後から数日は何もなかったのに4日目から出血したという方もいます。

出血中は生理痛のような痛みを生じますが、疼痛や鈍痛であれば基本的に心配は不要です。クリニックによっては出血が止まらない期間によって受診を勧めるところもあるので、医師の指示に従いましょう。ただし、明らかに出血量が多かったり激痛がしたりする場合は要注意。感染症のリスクが考えられるため、すぐにクリニックを受診してください。たとえ多量出血がみられない場合でも、アルコールや激しい運動は出血量の増加を招く可能性があるので、出血が完全に止まるまでは控えるようにしましょう。

今後のためにも術後検診は必ず受診!

手術の数日後に、子宮の回復状態を確認するための術後検診があります。中絶手術は子宮内感染を招いてしまう可能性があり、それによって子宮内の壁が癒着して不妊の原因になることも。今後妊娠を望んだときに後悔しないためにも、術後検診は必ず受診しましょう。

体だけじゃない、心のケアも大切

中絶手術は、女性にとって体はもちろん、心にも大きな負担をかけてしまいます。中絶手術を受けた女性の5人に1人は、PTSD(心的外傷後ストレス障害)による「中絶後遺症候群」になっていると言われるほど。フラッシュバックや睡眠障害をはじめ、ひどいときには、うつや自殺願望を招いてしまうこともあります。

中絶後遺症候群でなくても、疲れやすくなったりイライラしたりと、ストレス症状を抱える女性は少なくありません。自分を責めがちになる中絶手術だからこそ、体はもちろん、心のケアも大切です。不調を感じたときは、早めにクリニックで診察を受けることをおすすめします。すぐにいつもの日常に戻ろうとするのではなく、焦らずゆっくりと受けとめていきましょう。

強制的に陣痛を起こす中期中絶

妊娠12週を過ぎると中期中絶と言われ、ほぼ分娩と同じような形で胎児を外に出す必要があります。クリニックによっては、12週以降の中期中絶は行っていないところがあるので、確認しましょう。

まず、子宮の出入り口である子宮頚管を広げる処置を行い、薬によって人工的に陣痛を起こして胎児を取り出します。陣痛が速やかに起これば手術は1日で終了しますが、なかなか来ない場合は2〜3日かかることもあるそうです。手術自体が早く終わっても、術後の子宮の戻り具合を確認するため、4〜5日の入院が必要となる場合があります。

なお、12週以降の中期中絶では、胎児の火葬や埋葬を行なったり、死産証明書を役所に提出する手続きを行わなければなりません。

妊娠12週を超えると、お腹の中にいる赤ちゃんは妊娠初期よりも大きく成長しています。そのため、やむを得ず中絶手術が必要になった場合は、母体の状態を検査などで調べ、問題がなければ、本人と配偶者の同意を得た上で術日を決めることになります。

ソウハ法か吸引法は妊娠初期にのみ行うことができます。胎児が大きくなった中期以降は、人工的に分娩させる処置をとります。臨月を迎えて自然に子宮口が開いてくる場合とは違い、人工的に子宮口を開き陣痛を起こすため、その過程や分娩時には強い痛み、出血も伴うことが多いものです。手術後も、痛みや出血が続くこともあり、入院期間が必要となります。また、中絶手術後の合併症として、子宮内感染、骨盤腹膜炎を起こす恐れや、将来的に妊娠・出産を望んだ時に不妊症や流産・早産のリスクが高まるということも知っておいてください。精神的にもストレスがかかり、場合によっては通常の生活を送れるようになるまで、時間を要することもあります。

また、中絶手術にかかる費用は、検査・手術・入院費合わせて、おおよそ30万円~50万円ほど。

妊娠週数が進み、手術のための検査や入院期間が長くなった場合は、さらに諸費用増えることがあります。また、母体の具合や赤ちゃんの大きさ、病院によっても金額は異なるため、手術前の確認が必要になります。

中期中絶手術後の過ごし方

強制的に陣痛を起こして赤ちゃんを取り出す、中期以降の中絶手術。手術後数日間は入院が必要となります。退院後も、慌てて仕事に復帰したり、これまでと同じような生活に戻そうとしたりせずに、数日間は安静にするように病院から指導があります。

アルコールの摂取や喫煙なども極力控えるようにしましょう。そして特にご自身で気を付けたいことは出血の有無です。出血量が、それまでにあった月経と同じ程度であれば心配はいりませんが、子宮内に異常がある場合、大量の出血が起きることがあります。出血の有無、違和感などに注意しながら過ごすことが必要になります。出血が見られなくても、子宮の収縮が順調でなく、内膜に血が溜まってしまうと細菌感染の危険性もあり得るということを念頭において、術後の定期検診をしっかりと受診するようにしましょう。

また、中期中絶後はホルモンバランスが大きく変化するため、イライラしたり落ち込んだりすることもあるかもしれません。このような症状が続く時は、心の病気を発症していることも考えられます。一人で抱え込まずに、カウンセリングを受けることをおすすめします。

中絶手術を行うなら病院をしっかり選ぼう

なんらかの事情により中絶手術を選択せざるを得ない場合、後遺症やそのリスクを軽減するためには信頼できる病院を選ぶことがもっとも重要となります。

「便利な場所にあるから」「費用が安いから」といった理由だけで病院選びをしてしまうと、思わぬトラブルを起こしてしまう可能性も否めません。人工中絶は、身体と心に少なからず影響を及ぼします。手術前だけではなく、その後の経過もしっかりとフォローしてくれる体制が整った病院であれば、問題が起こる可能性や、心配によるストレスも軽減することができるでしょう。自分の体を守るためにも、よく見聞きして、病院選びを行いたいものです。

「妊娠のこと、中絶のこと、どこに聞けばよいのかわからない」という人のために、安心して相談ができる「中絶手術ができる東京のクリニック」を5院厳選しました。

 

「中絶手術ができる東京のクリニック」の詳細はこちら

ページの先頭へ

中絶手術あんしん完全ガイド【東京編】